ユーズドカーを売り払うケースでの方法としては買取りや下取り等の手順がございます。下取りといえば新しい愛車を買ったと同時に、今まで乗っていた自家用車について買い上げていただくというものです。そのくるまが運転が出来るクルマだったとすればプライスがつきますが、とてつもなく古いものであった場合ですと廃車にする費用を求められるケースもなくはないです。

下取ですと専門ショップが引き取るという事ではない訳ですから、高値引受けは厳しいですが、次のマイカーと交換で乗り換えが可能であるといったメリットがあります。他方買い取りの場合は、専門のユーズドカー買取専業店に頼んで引受けして頂くものです。タイミングが難しいなどのデメリットが存在しますが、引き受けられた中古車は使用した自動車という事で市場に出回ることがもともと決定事項ですので、比較的希望金額での買取りが望めるでしょう。

下取、買取どちらであっても手続きのさいにはさまざまな書類をあらかじめ準備することが求められます。どんなものが必要かといえば、車検証の原本と自動車税の納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券といったものとなります。そのほか実印と印鑑証明や、住民票なども必要です。

譲渡の時には譲渡証明書や委任状も必要となるのですが、これらについては買い取り専門店にて準備してくれるはずです。譲渡を望むこちらとしては、自動車検査証、自動車税納税証明、リサイクル券と自賠責保険証、住民票、実印あとは印鑑証明が用意すべきものになります。鑑定の時もこれらがチェックされるので、紛失している時は再度発行していただくこととなります。

無くしたケースでも見立て自体はして頂くことはできるのですが、即買取はして頂けないので評価額にデメリットが出るでしょう。