自家用車を売りたい際における手続きには買取りや下取り等のやり方がございます。下取りに関しては、おニューの車を購入した時点で、中古のマイカーについて引き取って頂くものです。コチラは走行が可能な車だったら買値が付くわけですが、とても古い場合だと反対に処分費用を下さいと言われる時もあると思っておいた方がいいでしょう。

下取は専門店が買受するという訳じゃないですから、望むような値段での買取りはムリだと思いますが、おニューのおクルマと交換のような形で乗り換えすることができる良い点があります。逆に買取の場合は、それ専門のくるま買取ショップに依頼して買い取りしてもらうといったものです。その時期が難しいといったデメリットが存在しますが、引き取られたクルマというのは使用済みの自動車という事で市場に出回ることがもともと決まっていますから、想像よりも望むような値段での引取りが望めます。

下取であっても買取であっても引き渡す際は必要となる書類をあらかじめそろえておくことが必要となるでしょう。その必要書類ですが、車検証と車の納税証明、自賠責保険証、リサイクル券があります。更に実印と印鑑証明、住民票といったものも必要となります。

売渡の時には譲渡証明や委任状等も使うのですが、これらに関しては買い取り専門店で用意してくれます。譲渡を希望するこちらとしては、車検証、自動車税納税証明、自賠責保険証、リサイクル券、実印、住民票あとは印鑑証明書が用意すべきものになります。審査の時もそれらに関しては確認されるので、無くしたときにはまた発行することが必要となります。

なくしたケースでも値踏みそのものだけをして頂くことは不可能ではないですが、即買い取りはしていただけないため査定金額に良くない影響が出てしまいます。