古いクルマ買い取りを依頼したケースだと、一番最初に鑑定を受ける事となります。その場合の見積もりの方は買取専門ショップの人がおこなうわけですが、ユースドカー市場の価格などから計算されるものとなります。

一般的にユースドカーとして売り出されているプライスの2、3割程度が買取金額とされているようですが、人気車種や、珍しい車であったりするケースでは高い買取額がでるなどの場合もあるみたいです。他にも、年式が新しい方がやっぱり高く売れます。ただ、そうした買取額はそのマイカーが完全な状態であり、完全ではない時には低い査定となります。中でも特に事故歴などは見積に相当関係してきます。

修理歴というのも定義は微妙なところですが、基本的にはお車の骨組みであるフレームの部分にまで駄目になっているような事故を起こしたお車はこれに当てはまります。そうした事故歴のあるクルマは将来において何かしらの悪い影響が出るというリスクが有りますので、見積ではダメなものとされてしまいます。他方、フレームの方にまで影響がなく、ボディを直したぐらいであればならないのですが、とはいえ事故歴がつきます。

勿論、修復歴が付くので負の被害は有りますが、事故車よりも低い査定となることはないでしょう。また、エンジンなどにトラブルが出ている際もマイナスとして見積もりされますし、普段からの維持管理の状況が買取額に関わってきます。

その辺りは私達にはわからないところですが、見積もりを行っている買い取り専門店としてはしっかりとその辺を見てきます。

どちらにしても修理歴はないことがマイカー見積もりをアップできるか否かの最低条件となります。