車を処分したいケースでのやり方には下取や買取等の手続きがあります。下取りはおニューの自分のくるまを入手した時点で、古い中古車を引き受けていただくものです。それが走行ができるくるまだったとしたら価格が望めますが、度を超えて古すぎるくるまであった場合には廃車にする費用を要求されるケースもないわけではないです。

下取は専門のお店がおこなうわけじゃないので、望むような価格での譲渡はムリだと思いますが、おニューのお車と交換のような形で乗り換えをできるいい点があります。一方買取ですと、専業の自動車買い取りの専門店にお願いして買取ってもらうといったものです。時期が分かりづらいなどのデメリットが有るのですが、買取をされた自家用車は中古車として市場で取引されることがもともと大前提ですので、想像していたより希望するような価格での買取りが望めます。

下取にしても買取にしても売り払う際には必要となる書類をまずは準備しておくことが必要となるでしょう。必要書類の種類には車検証と車の納税証明、自賠責保険証、リサイクル券となります。他にも印鑑証明書や実印、住民票等も必要です。

買い取りの時は委任状や譲渡証明等も使用するかと思いますが、それらについては買い取りの専業店で用意してくれます。手続きをお願いしたいこちら側としては、車検証、自動車税の納税証明、リサイクル券、自賠責保険証、住民票、実印そして印鑑証明を準備しておきましょう。審査の際もそれらに関してはチェックされるため、なくした際にはまた発行して頂くことになります。

もしも紛失していても値踏みだけをして貰うことはできるのですが、即譲渡は行えないため鑑定額に悪い影響が出てしまいます。