古い車の買い取りや下取りの際には、最初に査定を行います。この場合の査定とは、お客さんから買い取り・下取時に冷静な見立てをするための工程であり、そのためにはいろいろな方から容認され、その上了解された仕方じゃないとまずいのです。なのですが、ユーザー側から見るのであれば、値踏みがどんなふうに行われているのか具体的に存じてなかったり、適正な段取りで実施されているのかはなかなか認識することが困難なものです。とはいえ、審査というものは愛車の値打ちを決定するとても大事な過程な訳なので、考えや方法に色々なものがあると社会の混乱の要因にもなってしまいます。

そんなカオスを発生しないようにするためにも「日本自動車査定協会」という機関が存在し、「中古自動車査定制度」を制定しているのです。

日本自動車査定協会というのは、厳正な鑑定が浸透するように務めている機関であり、私たちが無事に鑑定に出せて、更に満足できるシステムを構築する取り組みをしています。

具体的な活動の内容は、例を挙げると健全な査定士を育むための検定をおこなっており、査定協会が実行している学科とスキル研修を受けてもらい、それから査定士技能検定試験という試験にクリアすることである一定の技能を持つ査定士としての資格が受け取れます。さらに査定士として活動するためには協会への登録を済ませてからになり、しっかりとした基礎的なものや義務でもってユーザーのクルマの品定めを行います。要は適正な見積もりを行う為の資格を保有する人が評定をやりますので、私たちも悩まずに下取または買取に出すことが出来るというわけです。