中古車を売却したい際における方法は買取りや下取りといったやり方があります。下取はおニューの自分の車を手に入れたと一緒に、これ迄乗っていた自動車を引き取っていただくものです。まだ乗車ができる状況であればプライスが付きますが、あまりにも中古の場合ですと反対に廃車にする費用を求められる場合もあるでしょう。

下取ですと専門店がおこなうという訳じゃないですから、高値での引受けは期待できませんが、次のくるまと交換する形で乗り換えが可能であるといった良い点があります。一方で買い取りは、それを専業としている中古自動車買取専業店にお願いして引き受けて頂くといったものです。やり取りが難しいといったよくない点もありますが、買い取りをされたくるまはユースドカーとして流通するのが元々大前提ですので、わりかし高い値段での売渡が期待できます。

下取にしても買取にしても売り払う際には色々書類を先に準備しておくことが必要となるでしょう。必要書類としては自動車検査証やくるまの納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券というものです。その他実印や印鑑証明、住民票といったものも必要となります。

手続きの場合は委任状や譲渡証明書等も必要となりますが、これらについてはお店の方にて用意してくれます。引取りをお願いしたい方としては、車検証、自動車税の納税証明書、リサイクル券と自賠責保険証、実印と住民票さらに印鑑証明書が用意すべきものになります。鑑定時もそれらが確認されるので、紛失している時には再度発行していただく必要がございます。

万一紛失のケースでも査定そのものはして貰うことはできますが、即売渡はできないので見積もり価格に何か影響が出てしまいます。