中古車を処分する時の手続きとしては買取と下取りの両方が御座いますね。下取りの場合はおニューの自分のくるまのを購入すると同時にこれ迄乗っていた使用済みの車を引受けして貰うというものです。大体新車のディーラーが引き受けをするので買い取り金額は割と低目に見られることが多いです。

逆に買取りの場合にはくるま買い取り専門ショップがするもので、使っていた自動車として販売する事を予定して引き取りの額を決定するので、どっちかというと高目の買取が望めます。何れにしても中古の車を引き受けてもらうことであり、売却する前に買い上げ額を決定するための審査がされるわけです。

評価をして頂くケースで気になるのはリサイクル料です。u-car見積りで示されるプライスとしては自分のクルマのそれ自体の金額、クルマに附随するリサイクル料や自賠責保険などをプラスした額の二種類があります。リサイクル料に関してはその使用していた車を購入した時、もしくはリサイクル料が未払いだったときには車検を受けたさいに支払われるもので、将来的にユーズドカーを廃車にして解体する際に必要なシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などなどリサイクルするときのコストという名目で使われます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けておくこととなり、処分するケースでJARSから支払されることとなります。

その際の費用は大体、軽だと約8千円、国産自動車で1万円程、輸入車などで1万5千円ほど、それとは別に2万円くらいを納める必要性があったりします。大体の中古の車引き受けだと、こういったリサイクル料金を中古の車の引き上げ値段とは他のものとして引受けされる事となるんですが、リサイクル代金を入れて引受け値段となっている場合もあり、買取りを依頼するケースでは先に確認しておくのが大切な事となります。