使用した自動車を売りわたす際の方法といえば下取りと買取りのどちらかが御座いますね。下取のケースというのは新しい自分の車のをゲットする際一緒に前の使用していた自動車を買上げて貰うというものです。大抵は新車の販売店が買取をするので価格は割と低価格に見られることが多いです。

一方で買い取りのケースは愛車買取専門ショップがしているもので、中古車として売ることを前提に買い受け価格を決定するため、意外と高値での買い取りが期待できます。どっちにしてもu-carを買取してもらうことであり、売却をする前に買い受け価格を決定するための格付けが行われることとなります。

品さだめをしてもらう時に気になるのがリサイクル料です。中古自動車の格付けで出される価格というのはその自分の車のそのものの値段、中古車に附随するリサイクル料や自賠責保険等含んだプライスの2つの種類が御座います。リサイクル料についてはその使用していた自動車を手に入れたさい、もしくはリサイクル料が未納だった場合には車検の場合に支払いとなりますので、今後使用した車を廃車にして壊してしまう場合に必要なシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類等リサイクルする際の代金となって使用されます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることとなり、解体処分するケースでJARSから払われることになります。

その際のコストは大体、軽自動車であれば8000円ほど、普通車で1万円位、外車とかで15000円くらい、それ以外で約2万円ほどを入金する必要性があったりもします。大体の使用ずみの車引き受けですと、こうしたリサイクルの代金をユースドカーの買い受け値段とは別個で引取られることとなるワケですが、リサイクル代金を入れて評価の金額としているケースもあり、買取を希望する場合に前もってチェックしておくことが大事なこととなります。