自動車を売り払う時の進め方には買取と下取りのどちらかが存在します。下取のケースというのは次の所有車を入手する時一緒にこれまでの自分のくるまのを引き取って頂くというものです。たいがいは新車の販売店が引き取りをおこなうので価格の方はどっちかといえば低目になることが多いです。

もう一方の買い取りのケースは自動車買取り専門の業者がしているもので、ユースドカーとして店頭に出すことを予定に引取りプライスを決定するので、どちらかといえば高目の引き受けが期待できます。いずれにしても愛車を引き受けてもらうことであり、、引き受けてもらう前に引き取り額を決定するための鑑定がおこなわれることとなります。

見積もりをおこなう場合に気になるのはリサイクル料となります。自分のくるまの鑑定で出される値段というのはその所有車本体の値段、自分のくるまのについてくる自賠責保険とかリサイクル料などなど含んだプライスの2種類があります御座います。リサイクル料についてはくるまを購入した時、もしくは「リサイクル料」が未払いだったケースでは車検を通した時支払いとなるもので、後に自家用車を廃車として壊してしまう場合に必要なエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダスト等々リサイクルするさいの料金となって使用されます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、処分する際に自動車リサイクルシステムから支払われるということになります。

代金は大体、軽自動車だと8千円くらい、国産車だと1万円ほど、外車等で1.5万円ほど、それとは別に約2万円ほどをいれる必要があります。大概の車買取りですと、これらのリサイクル料金を車の引き取り値段とは別ということで買取されるというような事となるワケですが、リサイクル代金を含んで引取り値段だという場合も有り、見積もりを希望という場合にまずはチェックしておくということが大事な事となります。