自分のくるまのを売るときのやり方といえば下取と買取の両方があります。下取りのケースは次の車を入手すると一緒に古いユースドカーを買取して頂くというものです。大概販売会社が引き取りを行うので買い取り額の方はどっちかといえば低価格に見られる場合が多いです。

一方、買い取りのほうはユースドカー買い取り専業店がしているもので、中古の車として店頭に陳列することを予定に買取の額を決定するので、やや高額な引受が望めます。何れにしろ愛車を売る事であり、売却する前に引取り額を決めるための審査が行われることとなります。

審査をして頂くケースで気に掛かるのはリサイクル料になります。中古車鑑定で出される値段というのはその自動車それ自体の額、くるまについてくるリサイクル料とか自賠責保険などなどいれた金額の二つの種類があります。「リサイクル料」はクルマを購入した場合、又はリサイクル料が未払いの時には車検を受けた場合支払いになりますので、将来的にお車を廃車にして壊してしまう場合必要なエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダストなどリサイクルする際のコストという名目で使われます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることになり、解体処分する時自動車リサイクルシステムから支払されるということとなります。

料金はだいたい、軽で8千円程、国産車で10000円ほど、外国製自動車等であれば1.5万円くらい、そのほかで2万円ぐらいを納める必要性があったりもします。大抵のクルマ引受けですと、これらのリサイクルの代金を車の引受け金額とは別として引取られる事になるんですが、リサイクル料をいれて引受値段だというケースもあり、引き受けを頼む際に事前にチェックしておくことが大事な事となります。