使った自動車の買取り業者に診断を頼んだはいいけどローンが残したままであるといった場合もあるのではないでしょうか。こうした事情だと、売るつもりの中古の車のオーナーがアナタ自身なのか他の人なのかどうか始めに把握しておく事が必要です

実際のところ、オーナーが誰なのかはなにを確認したらいいのかと言えば、自動車検査証に記入された氏名の方が使っていた車の名義の方という訳です。

お車を買う際に銀行等が提供するローンを契約した場合だと、この「車検証」に記載されている氏名があなたのお名前になってるはずですが、自動車ローンを組んだのがクレジット会社である際ですとお名前がその信販会社の名前となっている訳です。信販会社で割賦契約を組む場合どうしてこういった形で信販会社を名義人として記載するのかというと、その理由としては月の払いが滞ったりしたら、直ちにその自動車を差し押さえして確保するためです。

こんな理由から所有者名義がローン会社となっている場合はその車を自分勝手に売る事は出来ません。とにかく手放したいならとりあえずローンをすべて終了させるか支払いローンの組み替えをすることで所有者をご自分に変えた上で売り払う必要性が出てきます。さりとて実際このような手続きができるのは今持っている現金がいっぱいある時に限定されます。ではキャッシュが無い時はどんなやり方をするのがいいのでしょうか。

こうしたケースでは評価をしていただいたu-car買取店にワケを話すと、使っていた車の売却の金額から残った支払い分を支払し、持ち主をアナタのお名前に直して貰うことができるというワケです。手続きに関しても完全に買取ショップに任せることができますので大丈夫です。