中古の車を売る際の方法としては下取や買取等の種類があります。下取りに関しては、新しい自動車を購入した時点で、それまで乗っていた所有車を買い上げていただくものです。こちらは乗車が問題ない状態であったら買値が付きますが、とてつもなく古いものだった場合ですと処分の為のお金を要求されるケースもなくはないです。

下取してもらう場合は専業店が引受けするわけじゃないので、望むような価格での放出は難しいと思いますが、その次のマイカーと入れ違いで乗り換えが可能であるといった長所があります。逆に買取はというと、専門の中古車買取専門ショップにお願いして引き受けていただくものです。その際のやり取りがややこしいといったよくない点も有るわけですが、買取された所有車は使用済みの車として流通されるのが決まっておりますので、想像以上に望んだ金額での買取りが望めるはずです。

下取にしても買取にしても手続きの際にはいろいろな書類を揃えておくことが求められます。必要なものの中には自動車検査証や自動車税納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券といったものとなります。さらに実印と印鑑証明や、住民票なども必要です。

買い取りの時には委任状や譲渡証明も必要となりますが、それらに関しては買取り業者で用意してくれるはずです。売却を望むコチラとしては、自動車検査証、自動車税の納税証明、自賠責保険証とリサイクル券、住民票と実印および印鑑証明書を用意しておきましょう。見積もりの時にもこれらに関してはチェックが入るので、無くした時は再度発行してもらうことが求められます。

もし仮に無くしていても査定だけはしてもらうことは出来るのですが、即譲渡はしてもらえないため見積もりの値段に良くない影響が出るかもしれません。