不要車を売りわたす際の手順というと下取り、そして買い取りというのが有りますね。下取りの場合というのは新しい自分のクルマのをゲットする時に今迄お乗りの使用ずみの車を買受して貰うというものです。大体ディーラーが引受けをしますので売り値の方はどっちかといえば低目に見られることが多いです。

逆に買取りのほうはくるま買取専門ショップが行っているもので、ユースドカーとして売ることを前提として買い上げ金額を決定するため、わりと高プライスの買受が望めるでしょう。いずれにしろ使った自動車を売却する事であり、引き受けてもらう前に買上金額を決定するための評定が行われることとなります。

査定をお願いする際に気に掛かるのはリサイクル料になります。古い自動車の審査額で示される額というのはクルマそれ自体の価格、自家用車についてくる自賠責保険やリサイクル料等を入れた値段の二つの種類がございます。「リサイクル料」は使用していた自動車をゲットした際、または「リサイクル料」が未納のときには車検を通した時に支払われるもので、将来、使用済みの自動車を廃車にして解体する場合必要となるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類等々リサイクルするときの費用という名目で使用されます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることとなり、解体する場合にJARSから支払されることになります。

その際のコストは、軽であれば8千円位、国産車だと1万円位、外国の車などで15000円ほど、その他で20000円程をいれる必要があったりします。大半の中古車買い取りですと、これらのリサイクル料金を使用していた車の買取価格とは他として引取りされる事となる訳ですが、リサイクル代金を入れて審査のプライスとなってる場合もあり、引き取りを希望する時確認しておくのが大切です。