古いユーズドカー売り渡しをお願いした時には、まず審査を受ける事となります。その時の見積もりの方は買取専業店の査定担当者が行い、車市場の値段などから値段が出されるものとなります。

通常、中古のくるまとして売られている値段の20~30%程が売値となっているようですが、人気のある車種や、希少価値のある車だったりする場合には高い見積額がつく場合もあるみたいです。ほかにも、製造年は新しい方がやはり高額となります。ただし、こうした見積金額はその車が完全な状態の場合であって、完全ではない場合には低く見積もられます。中でも特に修理歴などは見積に大きく影響してきます。

事故の跡というのも定義は曖昧ですが、基本的に車の骨格であるフレームの部分にまで跡を残すような事故を経験した車両は事故車となってしまいます。こうした修復歴のあるクルマは将来において何らかの悪影響が出てくるかもしれないという危険がありますので、買取額ではマイナスとなるのです。一方、フレームの方にまで影響しておらず、外側を直した程度であればならないですが、修復歴はつきます。

もちろん修理歴が付きますので負の影響はありますが、事故車に比べ査定が低くなることは考えられません。あと、エンジンや変速機などにアクシデントが起こっているケースでもマイナスに見積もりされますし、日頃からの点検整備の良し悪しが見積に影響されます。

この辺りは私たちには見分けはつかないのですが、値踏みをおこなっている買い取りの専業店としてはシッカリとその辺りもチェックの対象としてきます。

どちらの場合でも修復歴は存在しないことがくるま買取金額を上げられるかどうかの分かれ目となります。