マイカー買い取りのお店に評定をして頂いたものの、ローンが完済していないケースもあるでしょう。そういった際には、売るつもりのお車の所有権が貴方自身なのか他の人なのかどうか何はともあれ確認しておく必要があります。

本当のところ、所有者が誰かについてどの部分を確認したらいいのかと言えば、車検証に書かれている氏名が自動車の所有者という事であります。

お車を買うタイミングで銀行などのローン支払いを設定した場合だと、こちらの自動車検査証に記載のあるお名前がご本人の氏名になっているのですが、ローン支払いを組んだのがクレジット会社だった場合は名前がそこの記載になっている訳です。信販系で割賦契約を組む場合どういう理由でこのような形で信販会社を所有権者として記載するのかというと、回答としては毎月の支払いが滞った場合、即車を差し押さえして確保できるようにするためです。

こんな理由から所有権がローン会社となっているケースではそちらの自動車を勝手に売り払う事は出来ないのです。どうあれ手放したいならまずは支払いを残らず返済するか割賦契約の組み換えによって持ち主をご自分に変更した後で売り払う必要があります。そうはいっても実際問題こういった事が可能なのはその時点でお手持ちのお金がいっぱいある時という事に限られます。だとしたら資産があまりないケースではどのようにしたら良いのでしょうか。

こういった時には買取査定をして頂いた中古車買い取りのお店にご相談頂けますと、マイカーの売値から残りの支払い分を返済し、所有者の部分をご本人の姓名に変えて頂くことができます。手続きについてもすべて買い取りのお店にお任せできるので安心です。