自分の車を売りたい際の方法には買取り、または下取といった種類があります。下取りに関しては、おニューの自動車を入手したと同時に、それまで乗っていた自動車を引受けして頂けるものです。その時点でドライブが差し障りないくるまだったら値段がつきますが、古かった時だと反対に処分のための費用を求められるケースがあります。

下取の場合は専門店が引き取るという事ではない訳ですから、希望するような価格での売却は厳しいですが、おニューの車と交換する形で乗り換えを可能ないい面があります。他方買取はといえば、専業の自動車買取ショップにお願いして引き取って頂くといったものです。手続きが難しいなどのデメリットが存在しますが、引き取られたマイカーは中古車となって流通するのが元々決定事項ですので、なかなかの高価売渡が望めると思います。

買取にしても下取にしても売却の際にはいろいろな書類を前もって用意しておくことが必要となるでしょう。その必要書類ですが、車検証の原本や自動車税納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券となります。そのほか実印や印鑑証明と、住民票等も必要です。

譲渡の時は委任状や譲渡証明等も必要となりますが、これらに関しては買取専業店にて用意してくれます。引取りを依頼する側としては、車検証、自動車税の納税証明書、自賠責保険証とリサイクル券、実印、住民票あとは印鑑証明書を用意しておきましょう。鑑定の時にもこれらに関してはチェックが入るため、紛失のときはまた発行する必要がございます。

万一失くした場合でも見積もりそれ自体は受けることは可能ですが、その場で買取は出来ないため審査の金額に悪い影響が出る場合もあります。