中古車を売るときの方法というと買い取り、そして下取りが有ります。下取の場合はおニューの自分のクルマのをゲットする代わりにこれ迄のユーズドカーを引き受けてもらうというものです。だいたいは新車ディーラーが買取を行うため売却額としてはどちらかといえば低めに見られるケースが多いです。

一方、買い取りのほうはマイカー買取専門ショップがおこなっており、中古の車という名目で販売する事を前提に買い取りプライスを決定するため、どっちかというと高プライスでの買取りが望めます。どちらにしても自分の車のを売却する事であり、売却をする前に買い取りプライスを決定するための査定がされることとなります。

査定をおこなう時気に掛かるのがリサイクル料となります。自分のクルマの鑑定で提示されるプライスとしては中古車そのものの価格、所有車に附随するリサイクル料や自賠責保険等々含んだ金額の2種類があります御座います。リサイクル料は自動車を買った際、またはリサイクル料が未納だったケースでは車検を通した際に支払いとなるもので、のちにマイカーを廃車にして解体する場合必要なシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などリサイクルするときの費用という名目で使われます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、壊してしまうケースでJARSから支払されることとなります。

費用は大体、軽だと8000円位、国産車の場合で1万円ほど、外国製自動車等であれば1万5千円くらい、それ以外で2万円ぐらいを入れる必要性が有ります。たいていのお車引受けの場合、これらのリサイクル料を愛車の買取り価格とは別として買取されるということになるんですが、リサイクルの料金を入れて審査の値段となっている場合も有り、引き取りを望んでいるケースで先にチェックしておくことが大切なこととなります。