くるまを売却する際のやり方というと買取、そして下取のどちらかがございます。下取りのケースというのは次のクルマを購入する際一緒にこれまでの車を買い取って貰うというものです。大抵は新車取扱店が買取りを行うので売り値の方はどっちかといえば低く見られるケースが多いです。

一方で買い取りのケースは車買い取り専門ショップが行っているもので、中古車として店頭に陳列することを前提として買取額を決めるので、わりと高値での買取りが期待できます。いずれにしろマイカーを売却する事であり、売る前に引受額を決定するための査定がされることとなります。

査定をして貰う際に気になるのはリサイクル料になります。自動車審査で示される値段というのは所有車それ自体の金額、自家用車に附随するリサイクル料とか自賠責保険などなど含んだプライスの2つの種類が御座います。リサイクル料についてはお車を購入した場合、若しくはリサイクル料が未納だったケースでは車検を受けた際に支払いになりますので、将来的にマイカーを廃車として解体処分するケースで必要になるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類等々リサイクルするときのコストとして使用されます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることとなり、解体処分する時自動車リサイクルシステムから支払われることになります。

コストはだいたい、軽なら約8千円、国産車であれば1万円ほど、輸入車等であれば1万5千円位、それ以外で2万円程度を入れる必要があります。たいがいのマイカー引受けですと、そうした「リサイクル料」を自分の車のの買い取り値段とは他のものとして買い取られるというような事になるワケですが、リサイクルの代金を入れて引受け額としているケースもあり、買取を希望という際にはまえもってチェックしておくのが大切です。