中古自動車の買い取りや下取りの時には、必ず査定をするものです。査定イコール、お客さんから買い取りや下取りの際に適正な見立てをするための手続きであり、それにはたくさんの人から理解され、加えて認められた手順でなければ良くないのです。ただ、ユーザー側からしたら、鑑定がどうやって行われているのか具体的に把握していなかったり、適正な方法で実施されているのかはどうしても認識することができなかったりもするものです。しかしながら審査というものはマイカーの額面を決めるとても決め手となる過程ですので、やり方や考えに種々のものがあれば世間がパニックとなる一因にもなってしまうわけです。

そういった騒ぎを発生させない為にも「日本自動車査定協会」という呼称の機関が存在し、「中古自動車査定制度」を打ち立てているのです。

日本自動車査定協会とは、適切な値踏みが行われるように動いている機関のことで、我々が無事に査定に提出でき、そして納得できる結果になるようなシステムを構築する取り組みをしています。

実際の中身としては、例を挙げるとまっとうな査定士を増やす為の検定を実施しており、査定協会がおこなっている学科とスキル研修を受けて頂き、それから査定士技能検定試験に受かることで一定の技能を持つ査定士としての資格が付与されます。そうした上で査定士として働く為には教会へ登録することが必要となり、しっかりとした見識や義務でもってユーザーの愛車の品定めをするのです。要は適正な見積もりを行う為の資格を有している人間が評価を行いますので、客側も安心して買い取りまたは下取に持っていくことが可能となるのです。