マイカーの買取店に見積もりをオーダーしたものの、分割金を払いきっていない場合もあるかもしれません。このような際には、売るつもりのお車の持ち主がご本人なのか別の人であるのかどうかまずは見ておくことが必要となります。

本当のところ、所有者についてどの辺を確認したらいいのかと言えば、「車検証」に記載されている氏名がくるまの所有者となります。

自動車を買う際に銀行などのローンを設定された時には、この自動車検査証に記載されている氏名がご本人のお名前となっている訳ですが、分割払いを設定したのが信販系の会社だった場合だと氏名がその会社の名前になっています。クレジット会社で分割払いを組む場合なぜこんな風に信販会社を所有者として記載しているかと言えば、それは返済が滞った場合、速攻で自動車を差し押さえて確保することを考えているからです。

こんな理由から持ち主名義が信販会社になっている時にはそのお車を自分の好きに売却することはできません。何が何でも売り払いたいなら返済を残らず完済するかローンの組み換えによって所有権をアナタの名前に変えた上で売却をすることが必要です。とはいえ実際こうした手続きが可能なのは今手持ちのキャッシュが豊富にある時に限られてしまいます。だとしたらお金が足りないケースではどういった方法を取るのがよろしいのでしょうか。

そんな際は審査を行ってくださったくるま買取り業者に話してもらえると、車の買値から残った返済分をキレイにし、所有者の欄をアナタの氏名に変えて貰うことができるというワケです。手続きに関してもすべて買取り業者に任せることが可能なので心配ないです。