古くなった自動車買い取りをお願いしたときには、まず最初に見積もりを受ける事になります。その時の査定の方は買取専業店の査定士やり、自動車市場の価格などから値段が出されるものとなります。

通常、古いクルマとして売りに出されている価格の20~30%位が売却金額とされているようですが、売れ筋の車種だったり、珍しい車種である等のケースでは高い見積金額が付くといった場合もあるみたいです。その他、年式が新しければ新しいほど高値が付きます。一方でそのような買取額はそのお車がパーフェクトな状態であり、そうじゃない時だと低く査定されます。その中でも修理の跡等は買取金額に大きく影響します。

事故車というのも定義があいまいですが、基本的にはお車の基礎となるフレームの方にまで影響しているような事故を起こしてしまった車両は事故車という事となります。この修復歴のあるクルマはあとからなにかしらの悪い影響が出てくるかもしれないという危うさが有りますので、見積金額においては悪材料となってしまいます。ですが、フレームの方にまで影響が無く、外見を修理したぐらいならならないのですが、事故歴としては付いてしまいます。

モチロン修理歴は付く訳なので負の被害は有るわけですが、事故車に比べ低く査定されることはありません。それと、エンジンや変速機などに問題が起きているときもマイナスとして見積もりされますし、普段の整備の状況が買取の値段に関係してきます。

そのあたりは素人にはわからないところですが、査定をおこなっている買い取りの専業店の方ではキチンとその辺りもチェックしてきます。

どちらのケースでも修理歴は無いという事が古くなった車の査定額が上げることができるかどうかの分かれ目となります。