マイカーの買い取りや下取りの時には、最初に査定をしてもらうかと思います。査定というのは、ユーザーから買い取り・下取時にきっちりした見立てをするための作業であり、それを行うためにはたくさんの人から了承され、さらに認められた仕方をしないと良くありません。とは言っても、ユーザー側から見るのであれば、値踏みがどんなふうにされているのかはっきりとは確認できてなかったり、キチンとした仕方で行われてるかどうかは結構認識することが難しいものです。とはいえ、査定と申しますのはマイカーの額面を決断するとっても重要な過程である為、考えや方法に様々なものがあると社会が混乱する要因にもなってしまいます。

このようなパニックを発生しないようにするためにも日本自動車査定協会という名の機関が設立され、「中古自動車査定制度」を設けているのです。

「日本自動車査定協会」呼ばれるものは、しっかりとした鑑定が行き渡るように務めている団体であって、お客さんが信頼して査定に提出でき、そして満足のいくシステム作りの務めをしています。

具体的な中身としては、例を出すとちゃんとした査定士を増やす為の資格試験を実施しており、査定協会がおこなっている学科や技能研修というものを受けて、それから査定士技能検定試験という試験に受かることで一定のスキルを保有する査定士としての資格が与えてもらえます。そうした上で査定士として働く為には協会への登録を済ませてからになり、まともな心得や責務をもって消費者のくるまの評定をします。要するにきちんとした査定を行う為の資格を保有する者が査定をしますので、ユーザーも安心して下取または買取に愛車を提出することが出来るというわけです。