自動車を売却する時の仕方というと買取、そして下取があります。下取りの場合は新しい愛車を購入する時、今までのくるまを買い取ってもらうというものです。たいていは新車販売店が引受けを行うためプライスはどっちかといえば低く見られるケースが多いです。

もう一方の買い取りのほうはユースドカー買取専門ショップがやっているもので、中古車として売却することを予定に引受けの金額を決めるので、割と高値の引受が期待できるでしょう。何れにしろ中古車を引き受けてもらうことであり、、売却する前に買い取りプライスを決めるための値踏みが行われることとなります。

見積もりをして貰う場合気になるのがリサイクル料です。中古車審査で示される値段としてはそのクルマ本体の額、クルマについてくる自賠責保険とかリサイクル料などを入れた値段の二つの種類が御座います。リサイクル料に関してはお車を入手したさい、又はリサイクル料が未納のときには車検を受けたさいに支払いとなるもので、後に自分の車のを廃車として壊してしまう時に必要となるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダストなどリサイクルするための費用という名目で使われます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、処分する時JARSから支払われるということとなります。

代金はだいたい、軽で8千円程、国産車で1万円位、外国製自動車などで1.5万円くらい、それとは別に2万円程度を入れる必要性がございます。大体の自動車引き受けであれば、こういったリサイクルの代金をクルマの引受値段とは別ということで買い取られるということになる訳ですが、リサイクル料金を含んで見積もり額であるというケースも有り、買い取りを頼む際にはまずは確認しておくことが大事なこととなります。