古い車の下取りや買取の際には、初めに査定をしてもらう事でしょう。この査定とは、ユーザーから下取りや買取する際にちゃんとした見立てをするための作業であり、その為にはさまざまな人たちから認識され、さらに認められた方法で行わないと良くありません。とは言っても、こちら側からしたら、審査がどうやって行われているのかきちんと把握していなかったり、適正なやり方でやられているかはなかなか把握することが出来ないものですよね。そうはいっても見積の方はマイカーの値段を決めるめちゃくちゃ決め手となるプロセスなので、方法や考えに種々のものがあれば社会がパニックとなる要因にもなってしまいます。

そうした騒ぎを起こさないようにするため日本自動車査定協会という呼称の機関が設立され、中古自動車査定制度を制定しているのです。

「日本自動車査定協会」は、適正な審査が行き渡るように動いている機関であり、ユーザーが不安なく鑑定に出せて、更に喜べるような結果となるシステム作りの動きをしています。

具体的な活動の内容は、例を出すとまっとうな査定士を増加させるための試験を実行しており、査定協会が実行している学科やスキル研修というものを受けて、そして査定士技能検定試験という試験に成功することである一定の技能を持つ査定士としての資格が与えられます。そうした上で査定士として活動するためには協会への登録をしなければならなくなり、きちんとした基本的なことや義務でもって消費者のクルマの審査をするのです。つまりはしっかりした査定のための資格を保有する者が鑑定を行いますので、私たちもリラックスして買い取りまたは下取に愛車を提出することが可能となるわけです。