自動車買取ショップに査定を頼んだものの、支払いを残したままであるという事も考えられます。そうした場合は、売るつもりのクルマの持ち主が貴方自身なのか別な人なのかを始めにチェックしておく事が必須です。

実際のところ、所有者が誰かについてどの部分を見れば分かるかというと、自動車検査証に記載のある氏名が車の持ち主となります。

自動車を買ったタイミングで銀行が提供しているローン支払いを組まれたケースでは、こちらの「自動車検査証」に記載のあるお名前がご本人のお名前となっている訳ですが、ローン支払いを設定したのがクレジット会社であったケースでは名前がその信販会社の名前になっている訳です。クレジット会社で割賦契約を組む場合どうしてこんな風にその会社を所有権者として記載しているかと言えば、その答えとしては支払いが滞った時に、スグにマイカーを差し押さえして確保するためです。

そういった理由によって所有名義がローン会社にある際はそのお車を好き勝手に売り払う事はできないのです。どうあっても売り払いたいなら返済を完全に完済するか割賦契約の組み替えをしてオーナーをあなたの名前に変えた後で売却をすることが必要です。そうとはいえ実際問題こういった事が出来るのは今現在持っている資産がたくさんある時という事に限られます。だったらキャッシュが無いのであればどんな方法を取るのが望ましいでしょう。

こんな時には審査をおこなってくれた愛車買取り業者に事情を話すと、お車の売却額から残債分をキレイにし、所有者をご自身の氏名に変更していただくことが出来るという訳です。手続きについても全てを買取専業店に任せることが可能なので大丈夫です。