マイカーの買い取り専門店に買取査定を依頼したものの、残債を残したままである場合もあり得ます。このような際は、売ろうとしているクルマの所有者が自分自身なのか他の人なのかどうかとにもかくにも確認しておくことが必要となります。

実際のところ、所有者が誰かについてどの部分を見れば分かるかというと、「自動車検査証」に記載のある氏名の方がお車の所有権者となるのです。

くるまを買うタイミングで銀行系の割賦払いを設定したケースでは、この「自動車検査証」に記載のあるお名前が自分のお名前となっている訳ですが、自動車ローンを設定したのが信販系の会社だったケースでは氏名がローン会社の記載となっているのです。クレジット会社で割賦契約を組む場合なぜこういった形で信販会社を所有者として登録してるのかと言えば、回答としては支払いが滞った時に、スグにくるまを差し押さえして確保することを考えている為です。

こんな理由で所有名義が信販会社にある場合はその車を好きなように売り払う事は不可能です。それであっても売り払いたいならローンを全て終わりにするかローンの組み替えをして所有権者をアナタの名前に変えてから売却することが求められます。とはいっても実際そうした事が出来るのは今手持ちのお金が豊富にある時という事に限られます。では資産があまりない人はどういったやり方がいいのでしょうか。

そのような際は査定をおこなってもらったマイカー買取店に事情を話すと、クルマの売値から残債の支払いの分を返済し、所有者の部分をアナタの名前に直して貰うことが出来るという訳です。手続きに関しても全部買取り業者にお任せできるので心配いりません。