古くなった車の下取や買取の時には、なにはともあれ査定をさせて頂きます。この場合の査定とは、ユーザーから買い取りや下取りの際にきっちりした評価をするための作業であり、それを行うためにはいろんな方たちから肯定され、さらに承諾された段取りじゃないとダメなのです。とは言っても、お客様側からすると、審査がどんな感じで行われているのかちゃんとは認識していなかったり、正当な進め方でやられているかはどうにも知ることができなかったりもするものです。しかしながら審査というものは中古車の価格を決めてしまう重大な過程な訳なので、やり方や考えに種々のものがあれば世間がパニックとなる要因にもなるわけです。

そのようなパニック状態を発生しないようにするためにも日本自動車査定協会という機関が設立され、「中古自動車査定制度」を打ち立てているのです。

日本自動車査定協会という機関は、しっかりとした査定が拡大するように務めている団体であって、お客さんが安心して査定に出すことができ、加えて喜べるような制度を構築する取り組みをしています。

実際の内容的には、例を出すとキチンとした査定士を増加させるための検定を実行しており、査定協会が行っている学科とスキル研修を受けて頂き、そうしてから査定士技能検定試験に受かることで一定の技能を保有する査定士としての資格が受け取れます。さらに査定士として勤務するためには協会への登録が必須となり、しっかりとした基本的なことや規律をもって私たちの車の鑑定を行います。要するにきちんとした査定を行う為の資格を有している人間が評価を行いますので、お客さんも不安なく下取または買取に出すことが出来るわけなのです。